HOME引越しが格安になる方法 > 単身の引越しが安い単身パック

単身の引越しがお得になる単身パック~家具や家電なども積めて安い!

単身の引越しと言えば、単身パックという程一般的な単身パックについて。値段の決まり方やより安い単身パック、単身パックより安い引越しプランはあるかなどをまとめます。

まず、単身の引越し自体の荷物量と費用についてです。

単身の引越しは距離と持っていく、荷物の多さで価格が決まります。これは他の引越しと同様です。

1人暮らしの引越しの時の荷物の量ですが、今住んでいる部屋の大きさで大方予測できます。

荷物が少ない単身引越しなら、引越しで掛かる費用が家族の引越より大幅に少ないので半額程度の価格となります。

単身者の引越しをもう少し値引きしてもらいたいなら、まずは積荷を少量にするのが良いでしょう。

その時、足りない日用品に関しては新しい部屋に移動した後に新しく購入したり、お店や通販などで引越し先に直接配送してもらい受取ったりすることもできます。

実家から引越しする場合や、大学に進学、入社等の新生活前の引越しには得に有効だと思います。

「単身パック」で運搬できる荷物の量

単身の引越しなら、絶対的に「単身パック」が安くておすすめです。

単身パックとは引越し業者のトラックを貸し切る様な引越しではなく、一定の容量の荷物を載せられる専用の大型の箱に家具・家電・日用品などを積んで新居へ運送するパックのことです。

宅配便にちょっと似ているパックで、定額で専門カーゴやボックスに入る分の家具・家電・日用品などを運ぶことが出来ます。

ボックス・カーゴのサイズは大体、SLの2種類は用意されているようです。

その単身パックではどの位の荷物に対応できるんでしょう。

運送する荷物が多い単身引越しは広めで2DKぐらいですね。普通の単身では1R・1K・1DKの家が殆どです。

大体の引越し業者の単身パックで輸送できる家財道具の内訳は、以下を参照してください。

ダンボール10個(小物)・衣裳ケース・カラーボックス・布団・洗濯機(約4キロ)・冷蔵庫(2ドア)・薄型テレビ(20インチ)・電子レンジ

結構たくさんの荷物を積載できますね。

単身パックの値段の相場はいくら

大体の単身パックの価格帯は最安価格だと10,000円前後からとなります。激安の価格帯ではない値段ならば15,000円くらいからです。

最も安い業者の単身パックでは8,000円ぐらいで単身引越しをやっています。

大手の引越し業者や流通系の引越し業者の単身パックが有名ですが、中小業者も単身パックを扱っている業者はたくさんあり、安いです。

流通系の業者は、貨物列車での輸送などもできて安めですし大手の安心かもありますね。

単身パックで運べる荷物のサイズは業者により差違があります。

単身パックにもいくつかパックがあるので、あなたに合った大きさが見つかるのではないでしょうか。

また引越しの移動距離は短いほど格安になり、100キロを越える長距離の場合は代金が一層高くなります。

「単身パック」が人気の大手引越業者

【人気】クロネコヤマトの引越しセンター・【人気】日通の引越し・佐川急便の引越し(SGムービング)・ファミリー引越センター・カルガモ引越センター・ハトのマークの引越センター・ダック引越センター など

単身パック・単身引越しにも対応する一括見積もりを使ってみるならこちらから

安く単身引越しできる方法を検証する

単身引越しが格安になる引越しプランでは、どのような手段が楽で安いのでしょうか?

  • 単身パック(引越し業者)
  • 赤帽
  • 自力引越し(トラックレンタカーなど)

安さにこだわると大体この3種類がよく言われる引越し方法ですね。

地元密着の格安引越し業者が、数量限定で格安単身引越しプランをやっていることもあります。こういった業者を見つけられれば、かなり格安で引っ越せます。

ただ、こういうプランは引っ越せる地域にも限定があるので、一般的とは言えません。

自力でレンタカーで引越しすればお得なように感じるかもしれませんが、レンタル料等が掛かってきてそんなに安くないです。

第一、引越しをする人の手間と労力が掛かりすぎとても面倒なので、少しくらいの費用が節約できたとしてもお得にやれた心情にはなりません。

当然、引越し後にはかなりの筋肉痛や疲労が残ります。一人ではとても出来ません。

誰かに手伝ってもらっても、お礼などもしなければならないでしょう。

また、段ボールや養生マットやガソリン費に掛かってしまい、引越しの距離が遠距離だとその分の支出が数万と高くなるでしょう。

新居の角の養生なども自分の方ですることになります。引越しでやる事は結構多いので大変です。

それに比べて赤帽や単身パックの引越しなら安い上に楽だと思います。家具や家電などの運送が中心だとしても、労力は大違いとなります。

赤帽は軽トラ積みきりで、運転手かつ作業員1人付きのことが多いです。その場合荷物の搬入は自分も一緒に行います。

引越し業者の単身パックは新居の前まで持ってきてくれて搬入だけ手伝うので、苦労もそこまで掛からないのに格安なので、費用対効果がいい引越し方法なのです。

梱包資材などは只でもらえますし運んでもらえますし、生活雑貨などの梱包以外はやるべき事は特にないです。

移動の距離と値段も100キロ以上の長距離引越しにでもならない限りはそんなに変わらないです。

格安の単身引越しを探している人は見積もりサービスで、赤帽も含めたどの引越業者が最安なのか、費用を出してみるといいでしょう。

大手・中堅・地元密着の引越業者を問わず、格安で高品質な引越業者を探すなら、一括見積もりがおすすめ。

最大50%割引・引越相場も確認できます。

参加企業全国200社以上・無料・最大10社の引越見積もりが、たった1分で出せます。

>>引越し相場を知って安く引越すならこちら

引越しが格安になる方法 関連ページ

リストマーク 引越し料金が格安になる引越し一括見積もりと交渉
リストマーク 引越しが格安になりやすい時間と日にち、予約法
リストマーク 引越しが格安な月をお伝えします
リストマーク 引越しが安い曜日
リストマーク フリープラン(フリー便)で引越しすると格安
リストマーク 遠距離の引越しの格安になる引越し混載便をご紹介
リストマーク 家族・ファミリー引越しが格安になる見積もり
リストマーク 単身の引越しがお得になる・単身パック
リストマーク 学生の引越しが格安になる方法といえば学割なのか
リストマーク 高齢者(シニア)の引越しを安全に割安に行う-老人ホーム、転居等
 

ページの先頭へ