HOME引越しその他 > 海外引越しを格安に

海外引越しを格安にするにはどうすればいいの?

海外(外国)に格安で引越しをする為にはどうしたらいいのか、日本の引越業者を使って引っ越せるのかなど、海外引越しについてお伝えします。

海外の引越し(日本→海外・海外→日本・海外→海外のどれか)をやっている主な引越業者とその引越しコースをまとめてお伝えします。

日本から国外に引っ越す場合には、持ち物を飛行機や船の便で運輸します。

■日通の海外引越し

日本から海外、海外と海外の間の引越しと、国外から日本国へ戻る引越しも日通は受けています。

●日通の海外引越しプラン

●単身・学生用プラン

  • セルフパック・ミニ(船便・地域限定)
  • セルフパック・コンビ(船便・地域限定)

●家族用プラン

  • フルパックスーパー(船便)
  • フルパックスーパー(航空便)

●海外単身パック

  • 上海簡単便(船便)
  • CTP(船便・航空便)

●引越しできる国と地域

【アジア・オセアニア】

  • 香港・・・香港
  • 中国・・・広州・北京・天津・青島・厦門・福州・武漢・杭州・寧波・瀋陽・嘉興・上海・蘇州・大連・深セン・重慶・成都
  • 台湾・・・台北・高雄
  • 韓国・・・ソウル・プサン
  • シンガポール・・・シンガポール
  • マレーシア・・・クアラルンプール・ペナン・ジョホールバル
  • タイ・・・バンコク・チェンマイ
  • インドネシア・・・ジャカルタ・スラバヤ・バリ
  • フィリピン・・・マニラ・セブ
  • ベトナム・・・ホーチミン・ハノイ
  • インド・・・ニューデリー ・バンガロール・チェンナイ・ムンバイ
  • オーストラリア・・・シドニー ・メルボルン・パース ・ブリスベン
  • ニュージーランド・・・オークランド
  • バングラデシュ・・・ダッカ

【北アメリカ・中米・南米】

  • アメリカ・・・ニューヨーク・ボストン・フィラデルフィア ・ワシントンD.C.・アトランタ・ラーレー・ナッシュビル・メンフィス・シカゴ・コロンバス・シンシナティ・インディアナポリス・ミネアポリス・セントルイス・ピッツバーグ・デトロイト・サンフランシスコ・デンバー・シアトル・ポートランド・ロサンゼルス・ヒューストン・ダラス・マイアミ・ハワイ
  • カナダ・・・トロント・バンクーバー・カルガリー・モントリオール
  • メキシコ・・・メキシコシティ・アグアスカリエンテス・グアダラハラ・モンテレー・グァナファト
  • ブラジル・・・サンパウロ

【ヨーロッパ・中東・アフリカ】

  • 英国・・・ロンドン ・イーストミッドランド・マンチェスター・ニューキャッスル・グラスゴー
  • アイルランド・・・ダブリン
  • ベルギー・・・ブリュッセル
  • オランダ・・・アムステルダム
  • フランス・・・パリ
  • イタリア・・・ミラノ
  • スペイン・・・マドリッド・バルセロナ
  • ポルトガル・・・リスボン・オポルト
  • スイス・・・チューリッヒ・ジュネーブ
  • ドイツ・・・デュッセルドルフ・フランクフルト・ミュンヘン・ニュールンベルグ ・ハンブルグ ・ハノーバー
  • オーストリア・・・ウィーン
  • ハンガリー・・・ブダペスト
  • チェコ・・・プラハ
  • フィンランド・・・ヘルシンキ
  • ポーランド・・・ワルシャワ
  • アラブ首長国・・・ドバイ
  • ロシア・・・モスクワ ・サンクトペテルブルグ
  • トルコ・・・イスタンブール
  • 南アフリカ・・・ヨハネスブルグ

■サカイ引越センター・海外引越し

海外では引越しのサカイと提携の現地の引越し業者が、日本国内は引越しのサカイが担当します。

荷物は、船便はアジアで1ヶ月・欧州で1ヶ月半くらいで着きます。

●サカイ引越センターの海外引越しプラン

  • 船便コース
  • 航空便コース

【サカイ・海外拠点】

  • アメリカ
  • メキシコ
  • コロンビア
  • ブラジル
  • ロシア
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • モロッコ
  • 中国
  • 韓国
  • ベトナム
  • タイ
  • フィリピン
  • マレーシア
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

など (他34ヶ国)

海外引越を安くする方法

海外の引越しも、引越し一括見積もりを使うのが便利です。価格やサービスの比較も出来ます。

サカイの海外引越し、日通等の大手を含んだ海外引越しに対応する業者の一括見積もりができます。

海外引越し専門でやっている引越し業者も複数見つかりますので、是非利用しましょう。

荷物を少なくし国外引越しをお安く

海外では引越しサービスがあまりなく、自分でトラックをレンタルするなどして自分で作業をすることが普通です。引越し専用業者はあってもちょっと高めとなります。

外国に引越しする時は荷物を持っていかず、家具家電、生活必需品のほとんどを海外で購入することも考えましょう。

こちらから運ぶより引越し先で購入する方が安くなる場合が多いですし、良いのではないでしょうか。

何としても日本から移動したい家具・家電は、大型の物だと航空貨物や船舶貨物を使って送ることになります。

どうしても持って行かないといけない重要な物や、思い入れがある家財道具だけにするのが予算的にも安心だと思います。

家具を持って行かない方がいい理由は、値段的に安めの船舶貨物では長い時間が掛かる上、温度や湿度などの環境が劣悪になって荷物が傷みやすいという問題もあります。

航空貨物だと料金が高めで、輸送できるものの大きさが制限されることがネックですね。

海外引越しでは手で持てる物ならなるべく手荷物で持ち込み、頑丈な種類の物や劣化しにくい物品は貨物便を少しだけ使うといいと思います。

現在使用している家具や家電は、リサイクル店に売却したり、他人に売却すると少しくらいは引越し代金に補充できるかもしれません。

また、海外小包を利用すると、低価格で小物の梱包された段ボールを運輸することができますから経費節減になります。

大手・中堅・地元密着の引越業者を問わず、格安で高品質な引越業者を探すなら、一括見積もりがおすすめ。

最大50%割引・引越相場も確認できます。

参加企業全国200社以上・無料・最大10社の引越見積もりが、たった1分で出せます。

>>引越し相場を知って安く引越すならこちら

引越しその他 関連ページ

リストマーク 海外(外国)への引越しはどうすれば格安にできるか
リストマーク 大型の家電や家具1点から引っ越すことは可能?
 

ページの先頭へ