HOME引越しのお約束 > 引越約款・決まり・約束のポイント

引越しの約款(やっかん)のポイント

その他の記事にも書きましたが、引越しには国土交通省の定めた約款があります。(標準引越運送約款)

これは、引越しするとき業者が渡して確認を取ります。ただのプリントなのですが渡して約束があり守りますと示すのが普通です。

約款を渡したり説明しない業者は悪徳で、ルールを守らないことがあるので気を付けましょう。

この約款は全ての引越業者が守らなければならないものです。

約款を全部読む人はいないと思いますが、依頼者を守る部分と料金に関係する部分はチェックして頭の隅に入れておきましょう。


引越約款のポイント

契約前

  • 引越しの見積もりは無料(訪問見積もりも無料)
  • 内金や手付け金は禁止
  • 見積もり時に約款の提示すること

契約後引越前

  • キャンセルは引越当日2日前までは無料
  • 引越内容の確認を引越当日までに行うこと

引越中・引越後

  • 荷物・部屋に傷が付いた場合など、3ヶ月以内なら補償される
  • 紛失したり棄損した場合は損害賠償の責任を負し賠償すること


引越しで運送できない物(補償されません)

  • 貴重品(現金・貯金通帳・キャッシュカード・有価証券・印鑑・宝石・貴金属など)
  • PCなどのデーター(補償されない)
  • 美術品・骨董品・動植物・ピアノ(これらはオプションで運送)


上記ははじめから運べないものとして、運送を断られます。

もし貴重品などが引越し荷物に入っていたとして、紛失しても一切補償されません。貴重品などは自分で管理します。

また、引越業者が責任を取らなくても良い場合(自然災害時の遅延や元々あった荷物の傷など)のことも書いてありますので、約款を貰ったら一通り読んでおきましょう。

大手・中堅・地元密着の引越業者を問わず、格安で高品質な引越業者を探すなら、一括見積もりがおすすめ。

最大50%割引・引越相場も確認できます。

参加企業全国200社以上・無料・最大10社の引越見積もりが、たった1分で出せます。

>>引越し相場を知って安く引越すならこちら


引越しのお約束 関連ページ

リストマーク これだけ覚えておけばOKの引越運送約款のポイント
リストマーク 引越し料金の決め方・見積もり・契約書の見方
 

ページの先頭へ